Category Archives: 仮想通貨

ログインできなくなったminergateの2段階認証を解除してもらう方法

以前にminergateの2段階認証をAuthenticatorというアプリでGoogleの二段階認証を行っていましたが、アカウントを変えてしまいログインできなくなったしまいました。

携帯の機種交換をすると同じくログインできなくなってしまうようです。

結構苦戦しましたが、何とか二段階認証を解除してもらい無事にログインできました。

そのやり取りを書いていきたいと思います。

 

minergateの2段階認証が出来なくなったら

minergateの2段階認証が出来なくなったら、というFAQがあることからもわかるように結構起こっていると思われます。

 

対処方法

ホームページの一番下のFAQに解決方法が記載されています。

以下引用

How to disable 2-step verification set on my account?

If you want to disable 2-step verification for your account, you should create a support ticket.

For security reasons, we will need to verify that you are the owner of the account. When making a request, please provide information about your activity, such as some of the hashes of your previous transactions, the approximate balances of the most mined currencies, date of registration or some other information that would help us to identify you.

After we make a security check, basing on the provided data, we will disable the 2-step verification.

 

以下Google翻訳

アカウントで2段階認証プロセスを無効にするにはどうすればよいですか?

アカウントの2段階認証プロセスを無効にするには、サポートチケットを作成する必要があります。 セキュリティ上の理由から、お客様がアカウントの所有者であることを確認する必要があります。要請をする際には、前回の取引のハッシュ、最多の通貨のおおよその残高、登録日、またはあなたを特定するのに役立つその他の情報など、あなたの活動に関する情報を提供してください。 セキュリティチェックを行い、提供されたデータに基づいて2段階認証プロセスを無効にします。

サポートのフォームから解除を申請を行うよう記載されています。

私は最初に2段階認証を解除するにはどうしたら良いかを質問し、上記の回答をもらってしまいました。

回答に1週間程度要したので、無駄な時間を過ごしました。

専用フォームから申請する

先ほどのFAQの下のsupportをクリックすると下記のような申請フォームが出てきます。

下記の画像のようにテキストボックス内にあるカテゴリを選択します。

 

題名は”Please cancel 2-step verification”としました。

本文(Description)を書く

本文を書いて2段階認証を解除してもらえるように、必要事項を記載します。

 

私がGoogle翻訳にぶち込んで書いたのが以下の引用です。(一部加工済)

Hello,

I will provide additional information on my account.
I am registered on November 28, 2017.
The currency I was mining the most is MONERO.
As of December 22,2017 I was mining about 0.12 XMR.

Are some of the hashes the following items?
[24.11.2017 23:39:34] [ info] New Job: job_id=”a24f9478-fb8xxxxxxxx” blob=”0606a7dee0d0056925ab3a4fd910e6exxxxxx” target=”194xxxxxx”

Can I disable 2-step verification with this content?

Thank you.

大体の内容としては、「こんにちは、私の情報です。2017年の10/28からMONEROマイニングして0.12XMR掘ったよ。ハッシュってこれでいいんですか?よろしくね」って感じです。

洋楽の歌詞カードの日本語訳のような日本語を書いてGoogle翻訳にぶち込むとこんな感じになります。

ハッシュはminergateのアプリケーションのLOGをクリックして1行くらいコピーして貼り付ければよいです。

[24.11.2017 23:39:34] [ info] New Job: job_id=”a24f9478-fb8xxxxxxxx” blob=”0606a7dee0d0056925ab3a4fd910e6exxxxxx” target=”194xxxxxx”

こんな感じです。xxxと省略していますが結構長いです。

画像認証してクリック

私はロボットではありませんにチェックを入れてSubmitボタンをクリックすると申請完了です。

 

申請した後は

メールを待ちます。

翌日~数日で受け付けましたよという内容のメールが来ます。

返信は「受付ありがとう、よろしく頼むよ」という内容で良いと思います。

 

minergateは忙しい

しばらく待った後、下記のようなメールが来ました。

親愛なるマイナーへ

お問い合わせありがとう。サポートが遅れているんだ。まだ救いの手が必要かい?必要なら教えてくれ。

というような内容です。

 

私はこう返信しました。

返信ありがとう。

今もログインできなくて困っているのでサポートを続けてくれ、忙しいだろうけどよろしく頼む。

こんな文章をGoogle翻訳にぶち込んで返信しました。

 

二段階認証が解除されます

私の場合は上記の返信をしてから1ヶ月後位に解除した旨のメールが来ました。

お待ちいただいてありがとうございます。アカウントの2段階認証プロセスを無効にしました。

ログインすることができます。ただし、悪意のある活動から資金を守るためには、再度有効にすることを強くお勧めします。

という内容のメールです。

実際にログインを試したところ問題なく解除されていました。

終わりに

外人の方とメールのやり取りをまともにするのは今回が初めてでしたが何とかなりました。

Google翻訳にぶち込んでおけば何となく意味は通じるのでしょう。

私の友人で海外へ輸出商売を行っている方がいますが、話を聞くと外人側も英語がわからず翻訳を使用しているとわかった上で対応しているので気にしなくても問題ないとの事でした。

 

同じような状況になってしまった方は、待ち続ければ解除はできますのであきらめずに問い合わせをしてみましょう。

minergateは起動させ続けておけばマイニングを続けてくれています。

ある程度たまらないと送金もできないので、アプリは起動させておくと良いでしょう。

 

サポートチームの方もお忙しい中、対応していただけたので助かりました。

 

MINERGATEからMONERO(XMR)をBinanceへ送金する方法

今回、2段階認証が出来なくなって放置していたアカウントが復活したので、minergateからBinanceへ送金してみました。

本当はcoincheckが使えれば楽だったのですが、取引を停止しているので仕方がありません。

 

minergateからBinanceへ送金する方法

まずは受け手側のウォレットを準備します。

私が使用している中では現在Binanceしか受けられる取引所がない為、BinanceのDepositを使用します。

 

BinanceのDeposit画面を開く

まずは受け手側であるBinanceのDeposit画面を開きます。

Binanceのトップページの右上のFundの中のDepositをクリックします。

 

すると送金に必要な項目が書かれたページが出てきます。

赤〇で囲った部分をクリックするとクリップボードにコピーされますので、送金元であるminergate側の項目欄に貼り付けを行います。

 

minergateのwithdrawを開く

minergateのwithdrawを開いて必要事項を記載します。

ここを間違えると大変です。

 

 

上から

Yousend:送金するcoin数

include feeはYou sendに入れたcoin数から手数料を引かれます。

exclude feeはYou sendに入れたcoin数の他に手数料がかかります。

どちらにしても同じ額なので分かりやすいほうにして良いです。

後述しますが、ここであまり細かいcoin数まで入れるとエラーになりました。

 

Wallet addressとPayment IDは先ほどのBinanceのサイトでコピーしたものを貼り付けます。

手打ちでも良いですが、間違えると送金はおろか戻ってこないことまで考えられます。

 

一番下段のCurrentPasswordはminergateのパスワードです。

 

記載が終わったらwithdrawをクリックします。

 

このようなコメントが出たら、送金できたかをチェックします。

 

Transactions historyページで送金チェック

真ん中のバナーの下の“Transactions history”を開いて、MONERO(XMR)を選択します。

成功すると、“pending”と出ます。

失敗した場合は下段のように“failed”と表示されます。

 

Binanceで入金確認

次にBinance側のTransactions historyを確認します。

先ほどと同じくトップページの右上のfund内にあります。

historyのDepositを確認すると着金を確認できます。

 

Statusがcompletedとなっているのでこれで完了です。

先ほど送ったMONERO(XMR)が送金出来ました。

 

他の取引所でも同じような形になると思います。

 

終わりに

どちらも英語のサイトなので慣れるまでは不安ですが、やることはそんなに難しくありません。

私の英語力は20年以上前に高校の授業を受けたことがあるというレベルです。

送り手側と受け手側を一致させて、クリックするだけです。

送金もほとんど時間をかけずにできました。

 

ただ1回目のチャレンジでは失敗してしまいました。

minergate側の送金時に小数点以下を全て入れたのですが失敗。

小数点以下を減らしたところ問題なく送金出来ました。

やっとマイニングしたものが私個人のウォレットに入ってきました。

放置していたPCが稼いでくれたcoinを受け取ると中々うれしいものです。

手続きはしましたが、やっと不労所得ゲットです。

 

ここに至る前に、アカウントの2段階認証のアプリが初期化してしまうという事態に陥り、minergateの外人とやり取りをしてやっとここまで来れました。

何かと遠回りしていますが、やっていれば前には進んでいけます。

この辺のやり取りについても、後日書いていこうと思います。

coincheckからネム(XEM/NEM)が返金された件

coincheckのNEM流出事件から約1か月半経ちましたが、ついに大きく前進となります。

私も少量ですがNEMホルダーでしたので先ほどコインチェックのウォレット内に返金されている事を確認しました。

あとは全取引の再開を待つばかりです。

 

 

NEM/XEMの返金について

1/26ネム流出事件発生

1月26日にcoincheck社のサーバー内から(XEM/NEM)が盗まれました。

先日の記者会見でも発表があった通り、外部メールからのマルウェア感染が原因で不正送金されました。

流出当初はXEMで返してほしいというコメントがネット上であふれていました。

当初120円程度だったXEMは流出騒動とテザー疑惑が主と思われる売りが発生しており、下がった後の88.548で補償するとプレスリリースがありました。

ホルダーの観点からみると「どうして下がったレートで換算するのか?」「日本円ではなくネムで返してほしい」「そもそも返金など出来ずに倒産するのではないか」との意見が至極当たり前に感じました。

その後も「コインチェックは倒産して資産は戻らない」とか「そもそも数百億の返金能力のある会社などない」なんて言っていた著名人もいました。

 

金融庁の立ち入り検査

2月2日に金融庁がコインチェックへ立ち入り検査を行ったことを発表しました。

また常駐して検査を続けるとも発表されました。

当時は再開の目途や返金の目途が無いといった噂がまことしやかに流れていました。

 

市場の動き

コインチェック社が販売書取引の停止と出金停止を行ってからは相場は大きく値を下げて、コインチェック民はただ見守るだけという状況が続きました。

ネムも徐々に値を下げて3月8日には32円を割り込む程に値下がりしました。

 

3月8日coincheck記者会見

こちらは先日書きましたが、ネムの返金が予定通り行うことと安全性が確認され次第、取引を再開するという発表となりました。

すでに目途が立っていたのでしょうが、非常に安心感のある会見となりました。

 

3月12日ネムの返金と一部販売所の再開

本日3月12日にネムの日本円での返金と一部取引所が再開されました。

 

ネム(XEM/NEM)の補償について

プレスリリースと個人へのメール配信がされ、告知がありました。

以下引用

仮想通貨NEMの不正送金に係る補償について

補償日時:2018年3月12日中
補償金額:88.549円 × 日本時間2018年1月26日 23:59:59時点での保有数
補償対象:日本時間2018年1月26日 23:59:59時点でNEMを保有していたお客様

coincheckプレスリリース

 

販売所の再開について

一部の仮想通貨の出金と売却が再開されました。

今のところ購入はできないようです。

以下引用

一部仮想通貨の出金・売却再開について

再開日時:2018年3月12日(順次)
再開機能:一部仮想通貨の出金、売却(入金、購入は対象外となります)
出金再開対象仮想通貨:ETH、ETC、XRP、LTC、BCH、BTC
売却再開対象仮想通貨:ETH、ETC、XRP、LTC、BCH(BTCは当初より停止を行なっておりません)

 

coincheckのプレスリリース

 

実際の補償内容について

本日中に補償を行うとのことでしたが、無事に日本円に反映されました。

実際のメールのスクリーンショットが下の画像です。

当初の予定通り、レートは88.548で決済されています。

記者会見内でも返金時の税金についての質問が出ていましたが、メールを見る限りでは売却完了となっています。

普通に決済した形になっているようなので、課税対象となるでしょう。

私は小額なので良いですが、高額の方は決済額によってはやりきれない気持ちになる方もいるでしょう。

現在のネムのレートは半分以下の41.337円(記事を書いている現レート)なので、資金を移して倍の枚数を買うこともできます。

納得いかない部分もあるでしょうが、今後もネムを持ち続ける方には良いでしょう。

 

今後のcoincheckについて

今回のリリースで今後も継続していく形で収束していくものと思われます。

今後も他の仮想通貨も順次再開していく方向で進んて行きそうです。

私の保有資産はLISKがメインなので、そちらが再開しないことにはまだ手放しには喜べませんが、今後随時再開していくと信じて待つしかありません。

今後もcoincheckを使い続けるか否か

今回の一件で外部5社のセキュリティ関連会社との連携、企業としてトラブルを経験したことによるリスク回避能力(完全に再開してからですが)を考えると、逃げの一手というのは早計と思います。

改善してシステムの安全性が確認されたうえでの再開であることから、みなし業者から登録になったタイミングでは国内の取引所の中でも信頼できると思います。

登録業者になって完全再開してからは取引をしたいと思います。

 

終わりに

今回の一連の流れの中でcoincheck社の和田CEO、大塚COOをはじめとした社員の方々は非常に大変な時期と思います。

体を壊さずに頑張ってほしいと願うとともに、私たちの資産も無事返還されることを祈っています。

 

私も会社員としてリコールの謝罪で大変な思いをした経験がありますが、誠意をもって対処すれば何とかなるものだと思います。

この正念場を乗り切ればまた国内の仮想通貨・暗号通貨界を引っ張っていく企業になっていくと思います。

今後も応援して行きたいと思います。

 

2018年3月8日coincheck会見 まとめ

2度目の業務改善命令が出たcoincheckの和田CEOと大塚COOによる記者会見が、本日(2018年3月8日)16:00より17:30に行われました。

最後の方の質疑はabemaTVでリアルタイムで見ましたが、改めてYouTubeで見直しするのでついでに内容をまとめてみます。

会見内容はYOUTUBE内のアベマTVの公式チャンネルで見ることが出来ます。

https://youtu.be/wA3QhXNQrqA

 

coincheckの記者会見

 

おおよその内容としては当初のプレスリリース通りXEMは88.549円にて来週を目途に補償を行うこと。

他のアルトコインの取引についても順次再開を行っていく事は発表されました。

 

盗まれたXEMの金額や内容を見ても、待ってる立場から見るとやっとという印象がありますが、かなり早い対応ではないかと思います。

 

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

引用元:http://corporate.coincheck.com/2018/01/28/30.html

 

 

会見の内容について

記者の方々へ資料が配布され会見が始まりました。

まず和田CEOより挨拶。

今回の一連の件についてのお詫びと業務改善命令を受けたことを発表し、改めて謝罪がありました。

 

原因と対策について

大塚COOより、今回の事案の原因と対策について説明がありました。

各省庁、外部5社のセキュリティ専門家との取り組みによりサービスの安定が確認されたために再開の目途が立ったとの事。

  1. 原因は外部メールに含まれたマルウェアの感染によるもの。
  2. 感染したマルウェアによってネットワークより侵入。
  3. XEMサーバーにアクセスされ秘密鍵を盗まれ不正送金された。

対策として

  1. 改めてPC、ネットワークを準備
  2. ネットワークの再構築を行った。
  3. 入口出口のセキュリティの強化。
  4. サーバーの再構築、全く新しいものにした。
  5. 端末を新たに購入し新しい環境での再開。
  6. 外部委託による常時監視をおこなう。

サービス再開に向けてコールドウォレット内で取引ができるように準備を進め、対策が出来たものから再開する。

 

システム管理体制について

  1. 金融機関出身のCISOを設置しシステムのセキュリティの強化・教育を行う
  2. セキュリティ管理対策委員会の設置
  3. 内部管理体制の人員強化

経営体制管理体制について

電話対応のサポートチームの設置。

来週中を目途にサービス再開の内容を随時発表を行う。

最後に

サービスを停止していることに対するお詫び。

 

質疑応答

質疑応答について抜粋して記載していきます。

結構くだらない質問があったり、マナーとしてどうなのかという記者がいました。

しつこく質問を追加したり、退任を求めるような言動があったりやめてほしいですね。

 

補償内容について

  • XEMについては日本円での返金で変更はない。
  • 来週中にアカウントへ反映させる予定。
  • 補償レートについて以前のリリース通り。
  • 総量について以前発表した他にもあったため変動している。
  • 他の仮想通貨凍結による損失補填は規約により補填しない方針。
  • XEMの現物で返還しないのは、マーケットへの影響と実現性を鑑みて今回の方針となった。
  • 加重平均により算出したレートである。

 

メールについて

  • 過去にあった内容と同様であることは確認できていない。
  • 社員の複数人の端末がマルウェアに感染した。
  • フィッシングメールによるもの。
  • coincheckを特定して対象に送られたもの。
  • 会社所有のPCが感染した。
  • 社内教育を行っていたが複数人がメールを開封してしまった。
  • 発信元については捜査上お話しできない。
  • 事前に兆候はなかった。

 

財務状況について

  • 取引所では手数料等のマージンは受け取っていない。全体の取引量の80%
  • 販売所のスプレッドによる収益がある。全体の取引量の20%。
  • 自社での仮想通貨の保有や投資は行っていない。
  • 財務状況の開示は考えていないが、XEMを補償する資産はある。

 

資金管理について

  • 分別管理を行っており順次出金対応を行っている。
  • coincheckで保有していないものを売買した事実はない。
  • 仮想通貨も含めて分別管理を行っている。

 

サービス再開について

  • アルトコインの引き出しも確認が取れ次第順次再開する。
  • サービス再開・継続は可能と考えている。

 

業務内容について

  • ボリュームが一気に上がり対処が間に合わなかった。
  • ホットウォレット上で扱っていた。
  • 運用を行える状態を維持することが当時資産の保護と考えていた。
  • CISOに当たる社員は内部の者と外部から招いたスタッフで設置した。
  • 今回の業務改善命令は経営体制、内部管理体制による内容。
  • 人員の募集は行っていたが、人員が不足している状況であった。
  • お客様の資産を順次お返ししていく。
  • 匿名性の高い通貨についてリスクの洗い出し確認を行う。
  • 取引上要件を満たすべく業務を進めている。
  • 資本提携は選択肢の一つとしてはあるが具体的に進行しているわけではない。
  • XEMを取り扱いを始めたのは取引機会を増やすため、その後の取引拡大に人員が足りなかった。
  • 内部管理体制・経営体制が整ってから、TVCM・レバレッジ取引の実施を検討していく。
  • 現在170万アカウントがあり、2017年12月には3兆8000億円の取引(販売所・取引所)があった。

 

上記についての質疑応答がされ、会見が終了しました。

 

まとめ

coincheckの今回の騒動について、やっと収束が見えてきました。

セキュリティと管理体制を整え次第、順次取引再開していくようです。

初回の記者会見に比べて、話ができる内容がかなり多くなり、アカウントを持っている方も安心できる内容だったと思います。

おおよそのところは来週中に結論が出そうですね。

 

今回の件で弁護団を作って訴訟という話もネット上で見受けられますが、徒労に終わりそうですね。

今回の内容以上の補償はないでしょうし、コインチェック側も弁護士と検討していますので、レートが下がっている点で納得いかない部分もあるでしょうが、倒産・補償なしみたいな事にならなかったのでかなりいい終結を迎えそうですね。

私は小額投資家なので弁護士を雇って長期的に争ったりなどは全く考えていません。

XEMホルダーは現在のレートを考えると、倍以上の価格で払い戻されるので保有しなおすのであれば枚数を増やせますし、他の通貨も下がっているので保有できる枚数も当時に比べると有利になっている通貨もあるでしょう。

個人的には満足いく会見内容でした。

今後はセキュリティが強化された取引所になりますので、みなし業者から登録業者になった時点では信用できる取引所になると考えています。

 

終わりに

前回の期初会見や、今回の冒頭の記者が解任をあおるような質問を投げかけていましたが、責任を取る=解任という構図が日本ではよく見られます。

責任の取り方というは本来過ちに対して改善を行い、より良いサービスを行っていく事だと思います。

議員なども不正を行ったなら仕方ないですが、ちょっとした失言程度で解任させたりという世論あおり、マスメディアの動きは非常に不快です。

この伝統的な腐った風土はあらためてほしいですね。

企業の人事に口出しするマスコミは株主になってからやりなさいよと思いますね。

コインチェックの和田CEO・大塚COOには頑張って今の局面を乗り切ってほしいと思います。

 

MONERO(XMR)のマイニングの方法

仮想通貨のマイニングについて興味を持っていても、難しそうとか面倒そう、やり方がわからない等という理由から手を付けていない方も多いと思います。

この記事を読んでいただければ本当に数分で準備が出来て、後はPCが勝手に採掘してくれます。

 

今回は仮想通貨のマイニングの中でも非常に簡単な方法で取り組める、Moneroコイン(XMR)のマイニングの方法について書いていきます。

 

MONEROとは

まずはMonero(XMR)について。

以下Wikipediaより引用

Monero

Monero
Monero-Logo.svg

Monero Logo
ISO 4217
コード
XMR
使用開始日 2014年4月18日
使用
国・地域
世界
通貨記号 XMR
複数形 Monero, moneroj

Moneroモネロ)とはPeer to Peer型の暗号通貨である。

概要

  • CryptoNoteプロトコルを採用したプルーフ・オブ・ワーク に基づくブロックチェーンを利用した暗号通貨である。moneroは、エスペラント語で硬貨やコインを意味する。
  • 特徴としてはプライバシーの機能が優れているアルトコインの一つです。

日本国内

日本ではCoincheckで2016年9月23日より取り扱いが開始されている[1]

 

2017年11月26日現在のcoincheckのレートでは、1XMR:17757円を付けています。

現在の1BTCは約999,000円ですので、1Monero≒0.018BTCとなります。

 

マイニングの方法

Moneroコインのマイニングの方法についてですが、まずはMinerGateというサイトにアクセスします。

 

MINERGATE

 

サイトの右上にあるsignupをクリックすると下記のようなページに飛びますので、メールアドレスと任意のパスワードを入れます。

文字列と数字を組み合わせると強力なパスワードとして認識されます。

 

その後は上部にあるdownloadをクリックして環境にあったプログラムを選択してダウンロードして、インストールします。

これで準備は完了です。

 

アプリケーションを起動させて、ログインするとマイニングが始められます。

 

MINERGATEの使用

まず起動させた後に、ベンチマークを行うと良いでしょう。

メモリのようなアイコンをクリックすると下記のようなページに飛びますので、緑色のstartbenchmarkのボタンをクリックします。

数分でベンチマークが完了して、下記のような画面が出ます。

マイニングを1年行なって100ドル以上の採掘が見込めるよという画面です。

こちらは環境によって変わってきます。

 

ハンマーのアイコンをクリックしてマイニングを始めましょう。

設定については最大数字=最高速度というわけでもなさそうなのでハッシュレートを確認しながら調整すると良いでしょう。

 

ゼットコイン(ZEC)やイーサリアム(ETH)なども扱っているので、PCのパワーがある方はそちらも試してみると良いでしょう。

 

進行状況はMinerGateのHPにログインしてダッシュボードを見ると確認できます。

 

MINERGATEを運用してみた

 

ちなみに私が1日半ほどアプリを起動したところ下記のマイニングが成功しています。

先週末の為替レートが111円50銭くらいでしたので、191円ほど採掘できたようです。

 

1日100円で年間36,500円ほどの収益になりそうです。

 

細かく計算すると電気代も差し引いたりしなくてはいけませんが、そちらは家計から出ているので気にしていません。

ある程度採掘ができると還元できるようですので、その後についても書いていこうと思います。

 

マイニングデビューの感想

思った以上に簡単に始められました。

年間36,500円も値上がりを考えると仮想通貨にしておくだけで数倍になる可能性も秘めています。

しかも労働はPCが行ってくれたものですから最初の設定を行うだけで不労所得が入ってくる仕組みになります。

ネットでよく見るような、”ほったらかしで○○円!”という怪しい謳い文句が現実になります。

この記事を読んでいただいた方にはぜひマイニングを始めていただきたいと思います。

 

MINERGATE

 

仮想通貨取引で資産を増やしたい

今日は仮想通貨について書いていきます。

私も今年から仮想通貨の取引を始めました。
これから少しずつ増やして行こうと思っています。

 

まず仮想通貨とは何かという事ですが、実際の貨幣や紙幣などと違って実体を持たず、電子取引上の価値を持ったデータのようなものと認識しています。

以下、Wikipediaより

日本では2016年に成立した新資金決済法の下では、「仮想通貨」は「物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの」又は「不特定の者を相手方として相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの」と定義されている。

仮想通貨には、すでに有名なbitcoinがあります。
またその他にも仮想通貨がありますが、そちらは総称としてアルトコインと呼ばれています。

どちらも国や政府の規制の範囲外で取引されており、取引する人同士が通貨と同様な価値を認めることで成り立っています。

実際にbitcoinを例に挙げてみますと、現在が1BTCが148,756円(2017年4月30日23:58現在)となっています。

bitcoinも為替と同様に常に価値は変動しています。

つい一年前の2016年4月頃には50,000円程度で1BTCが買えたのに、現在では約3倍に上がっています。
昨年購入して寝かせておけば、何もせずに3倍になっていたわけです。

すでにbitcoinについては、日本国内でも決済ができるサービスが出てきており、ネットショップや実際の店舗でも利用できるお店が増えてきています。


個人的見解として
bitcoin資産を今後増やして行きたいという理由は以下の通りです。

  1. 今後bitcoinを利用できるサービスが増加傾向にある
  2. 2020年オリンピックで外国人の入国が増える
  3. bitcoinを利用している人知らない

 

今後bitcoinを利用できるサービスが増加傾向にある
現在、飲食店やPCメーカーのDELLなどでbitcoinを使えるようになっています。
こちらは今後もサービス展開としては増えていくと予想されます。

2020年オリンピック
こちらはかなり本命で考えています。
通常、外国人が入国した後に両替をして円を持ちます。
その際の手続きが不要になり、手数料も少額となるとbitcoinを持っていれば良いと考える人が増えるでしょう。
また各メディアも同様の事を発信してくるのではないかと思います。

bitcoinを利用している人を知らない
これは私だけなのかもしれませんが、通常サラリーマンとして働いている中でbitcoinという単語をまず聞くことがありません。
周りの意識が薄いといわれればそれまでですが、bitcoinの存在すら知らない人がほとんどです。
今後興味を持つ人が増えれば増えるほど、価値は上がっていくでしょう。

 

基本はBTCを購入して放置予定です。
どこまで上がるか楽しみにしています。

※投資は自己責任で行ってください。損失を被ってても当方では責任を持ちません。


現時点では下記の取引所を利用しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitflyerという会社です。
こちらのサイトではbitcoinを売買できます。
本人認証などの手続きがありますが、スマホがあれば簡単に開設できます。

なぜかログインボーナスやチャットボーナスがもらえたりします(笑)

 


詳しく知りたい方は下記の書籍がおすすめです。

1時間でわかるビットコイン入門

ド素人だった私でも理解できました。
非常にわかりやすいです。

 


まんがでわかる!ビットコイン

こちらは先ほど読んだのですが、漫画なので非常にわかりやすいと思いました。
作者の方もデジタルには疎い方のようですが、わかりやすかったです。

今後は私のbitcoin投資についても書いていこうと思います。


最後までお読みいただきありがとうございます。

ブログランキングに登録しました。

よろしければクリックをお願い致します。

にほんブログ村
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ

投資について考える。

現在私はFXとBitcoin投資を行なっています。
正直なところあまり儲かっていません(笑)

日本人は成人するまでにお金についての勉強をしないまま社会人になるので、投資には疎い人が多いと言われています。

私自身も投資には興味はあったのですが、実際に取り組み始めたのは結婚後にお小遣い制になり、使える金額がかなり制限されてしまってからです。

それまでは暇があれば、パチンコやパチスロでちょくちょく稼いで散財していました。

1996年〜2004年位までは、パチンコ屋か飲み屋に入り浸りしていました(笑)
2003年末に結婚して、2004年春に結婚式を挙げてからはパチやスロは全くと言っていいほどやってません。
トータルではプラスで終わってると思いますが勝ち分は飲み代に消えています(笑)

その後は最後に北斗の拳の台で10万勝ちした資金を元に楽天証券で株を始めました。

手法としてはジャスダック市場のボロ株で1円抜きをやっていました。
イチヤとシーマ、何とかタンみたいな銘柄が15円/株だったので2,000株買って売りを入れて2千円ずつ儲かっていました。

その後は18円で買った、シーマ株(ダイヤモンド関連株)が最大62円まで上がり、確か50円位で売り抜けて10万→18万位になったと記憶してます。

翌年にライブドアショックがあったり、インサイダー取引や5%ルールなど、ややこしいなと思って、当時あまり知られていなかったFX(外国為替証拠金取引)を10万から始めました。

主にキウイ(ニュージーランドドル)のスワップ狙いとドル円の取引を最初やっていました。

その頃から子供が産まれてお金が掛かったり、小遣いが減ったりして儲かっては引き出しを繰り返して、結局小遣いの補填で資金も無くなって、たまにドル円取引をしては引き出しを繰り返しています(笑)

借金してリアル信用取引をやってみましたが精神衛生上危険です。

借金にレバレッジを掛けてなんて狂気の沙汰ですね(笑)

最近は仮想通貨も持つようにして、当たればラッキー位でBitcoin投資を始めました。

オリンピックに向けて両替の煩わしさや手数料の面から、仮想通貨へシフトしていくような流れになればいいなと思っています。

Bitcoinについては投資にあまり興味が無い周りにいるような人(会社の同僚)に聞いても「あのヤバイやつでしょ?」位の認識でした。

世間でもあまり大差は無く、知らない人も多いように感じます。

数年前に取引所が破産した印象が強いようです。
〈参考〉
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/マウントゴックス
個人的には、アフィリエイトで儲けて投資で増やして、財産を作るのが理想です。

今後はFX取引の成果やBitcoinやその他のアルトコインについて触れた記事も投稿していこうと考えていきます。


よろしければクリックをお願い致します。

にほんブログ村
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ