Tag: 和田CEO

2018年3月8日coincheck会見 まとめ

2度目の業務改善命令が出たcoincheckの和田CEOと大塚COOによる記者会見が、本日(2018年3月8日)16:00より17:30に行われました。 最後の方の質疑はabemaTVでリアルタイムで見ましたが、改めてYouTubeで見直しするのでついでに内容をまとめてみます。 会見内容はYOUTUBE内のアベマTVの公式チャンネルで見ることが出来ます。 https://youtu.be/wA3QhXNQrqA   coincheckの記者会見   おおよその内容としては当初のプレスリリース通りXEMは88.549円にて来週を目途に補償を行うこと。 他のアルトコインの取引についても順次再開を行っていく事は発表されました。   盗まれたXEMの金額や内容を見ても、待ってる立場から見るとやっとという印象がありますが、かなり早い対応ではないかと思います。   1月26日に不正送金されたNEMの補償について 総額 : 5億2300万XEM 保有者数 : 約26万人 補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。 算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。 算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間) 補償金額  : 88.549円×保有数 補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。 引用元:http://corporate.coincheck.com/2018/01/28/30.html     会見の内容について 記者の方々へ資料が配布され会見が始まりました。 まず和田CEOより挨拶。 今回の一連の件についてのお詫びと業務改善命令を受けたことを発表し、改めて謝罪がありました。   原因と対策について 大塚COOより、今回の事案の原因と対策について説明がありました。 各省庁、外部5社のセキュリティ専門家との取り組みによりサービスの安定が確認されたために再開の目途が立ったとの事。 原因は外部メールに含まれたマルウェアの感染によるもの。 感染したマルウェアによってネットワークより侵入。 XEMサーバーにアクセスされ秘密鍵を盗まれ不正送金された。 対策として 改めてPC、ネットワークを準備 ネットワークの再構築を行った。 入口出口のセキュリティの強化。 […]

Back To Top